私の生活は夫ありきだと気づいた日。

夫ありきな私を
卒業しよう。

 

 

そう決めて
私は起業の道を選びました。

 

 

こんばんは!
15分で簡単に作れて
家族に喜ばれる
しあわせ土鍋ごはん
油野智恵美です。

 

 

昨日の続きを書きますね。

 

 

私はもともと専業主婦。
そこから料理教室をはじめました。

 

 

だけど生徒様は毎月たくさん来てくださるのに
私の貯金は
少し増えたり
少し減ったりを繰り返しながら

 

 

ずーっと10万円前後でした。

 

 

働き方を変える直前
7年間料理教室をしてきても
自分の貯金は22万円しかなかったのです。

 

 

こんな状態でも
特に危機感を感じてこなかったのは

 

 

『夫がいたから』です。

 

 

私には家族のために一生懸命
働いてくれる夫がいます。

 

 

私はこの優しい夫に結婚してから
当然のように家計を支えてもらっていたから

 

 

収入的には『趣味』の料理教室を
自由にできたのです。

 

 

ここで気づいたのです。
私は夫ありきなんだと。

 

 

夫が働いてくれていることが大前提の上で
当時の働き方ができていたのです。

 

 

これに気づいた時に
私は不安になりました。

 

 

もしも夫が働けなくなったら
私は今のままではいられない。

 

 

いつそうなるかはわからないけれど
そうなってからでは遅い。

 

 

だから
その準備は今から始めなければいけない。と。

 

 

そんなことを想っていたら
本当に夫が働けなくなったら・・・

 

 

と、そう考えなければいけない
出来事が起こったのです。

 

 

その時私は本気で思いました。

 

 

『夫にだけ責任を負わせる人生はやめよう』と。

 

 

万が一夫に何かあっても
働いても
働かなくても
どちらでも良いし

 

 

新しい仕事をしても良い
自由でいいよ

 

 

そう言える自分になりたい。
そんな想いの芽生えの一番最初が
この時でした。

 

 

万が一何かあった時に
国の保証がどうなのか?

 

 

と考えるよりも
自分で働いて
収入を生み出せる自分となった方が絶対に良い。

 

 

私はそう想ったのです。

 

 

そんな想いがあって
7年のお遊び料理教室から
起業して約3年。

 

 

コロナの影響で
2日に1回のテレワークとなり
収入が減った夫に対して

 

 

仕事へ行っても
テレワークでも
休みでも

 

 

どちらでも良い!
ゆっくり家で休んで!

 

 

そう想え
夫の仕事やお給料に関しての心配を
一切しませんでした。

 

 

相手を変えることより
自分が変わる方が先。

 

 

私はいつもこう想っていますが
夫の収入が減って
文句や不安を嘆く自分ではなく

 

 

それを受け入れられる
自分になると決める。

 

 

こんなスタートがあったおかげで
私は自分と大切な家族の
穏やかな毎日を守ることができました。

 

 

%LAST_NAME%さんは
いかがですか?

 

 

本当は働き方を変えてみたい!
そう思いながらも

 

 

今じゃなくていい。

 

 

と足を止めていませんか?

 

 

いつ、何があるかわからない。
そんな時に
旦那さんありきな自分になっていませんか?

 

 

何か始めたい!
自分を変えたい方はぜひ
起業セミナーにご参加くださいね^^

 

 

田舎で暮らす
普通の主婦だった私が
どうして月商550万となれたのか?

 

 

包み隠さずお話ししますね!
9月23日は満席となりました!

https://donabe5han.com/?p=3719

9/26(木)10:00
10/1(木)10:00
の2日程で募集しています!