おうちごはんを選ぶ一番の理由

昨日は月1クラスの生徒様と講座!
この1か月じっくり土鍋ごはんと向き合えました!

と、しっかりと自分のものにするためコツコツ頑張られた様子
聞かせていただきました!

パン大好きだったお子さんが
ご飯大好きになったお話し
うれしいですね^^

強制ではなく
丁寧に作られたご飯がおいしくて
自然とごはんが好きになる!

そんな流れがいいですね^^

生徒様のお子さんでも
具なしのおにぎりが大好きになった!
との報告とても多いのですよ^^

こんにちは
15分で簡単に作れて
家族に喜ばれる
しあわせ土鍋ごはん
油野智恵美です

お母さんが優しい気持で作ってくれたごはん
おいしいですね^^

 

気持ちをこめて…
というのは
私が一番大切にしていること

私が外食を日ごろ選択しない
一番の理由はここにあります!
添加物が…とかお砂糖が…とか

そんなことは外食をしない
大きな理由ではないのですね。

私が気にするのは
誰が
どんな気持ちで作ったごはんなのか

というところ。

私は丁寧に作られたご飯を食べたい。
丁寧に作られたご飯で満たされたい

今の自分の体調や
今の季節に合ったものを
選びたいのですね。

人は食べたものでできている
食べたものが自分になる
 
とは、よく聞くお話ですが

どんなものを食べたかも
もちろん大切ですが

どんな気持ちで作られたものなのか

ということだって
とても重要だということです。

だから私はいつも
キッチンや
部屋をきれいにした状態から
料理をスタートするのです。

散らかった部屋
散らかったキッチン
イライラバタバタして作るごはんより

気持よく鼻歌を歌いながら作るごはんの方が
絶対においしい。

自炊であれば
家族や自分の体調に合わせて
季節に合わせて

今日のご飯を
心を込めて作る事ができます。

外食でもきっと心を込められたものは
たくさんあるでしょう!

でもきっと全部がそうではない

機械が作ったものより
人が作ったものがいい

お昼のピーク時
お客さんがたくさんで

バタバタしているキッチンで作られたものより
穏やかに作られたものがいい

オーダーが入ったものを
どんどん作っていくものより、
自分のことを想って
作られたものがいい

外食ではもちろん
自分だけのことを想って作ってもらえることは
絶対にありません。

家で作るごはんなら
自分なら
家族を大切に想い
丁寧にご飯が作れますね!

時間がかかる手の込んだごはんではなくても

簡単にできる土鍋ごはんも
お味噌汁でも

5分、10分でできるような
おかずも。

私なら家族を想って作れる。
いっぱい気持ちのこもったごはんは
おいしい。
満たされる。

私はいつもそう思いながらご飯を作り

ご飯を作る時間や
その時の気持ちを大切にしています。

だから毎日バタバタイライラしているお母さんがいたら
そうならない食事作りや

時間に追われないための、
心の余裕をなくさないための
穏やかにご飯を作り食べられるための

大切な流れを作る事
丁寧に作り
丁寧にいただくこと
講座で良くお話ししています^^

忙しくても
ごはんを作る時間を確保する!

これを最優先にいつも考えています!
大切な自分や家族の体
人任せではないほうがいいですね!
 

そんな時間作れない!
朝も起きられないし
時間もない!
いつもバタバタしていて
ごはんは適当に作り
さっと食べる!

そんな方はいますか?
働いている限りこの生活のままですか?

絶対に解決策はあります!

お悩みを持たれている方は
ぜひ個別相談会へお越しくださいね!