次女からこんな宣告を受けました・・・。

次女からこんな宣告を受けました・・・。

 

 

こんにちは!
らくちん家事で
くつろぐ暮らし
至福のこころごはん

 

 

油野智恵美です。

 

 

我が家には
6歳と12歳の娘がいますが

 

 

6歳の次女から
先日こんな宣告を受けました。。。

 

 

『抱っこは7歳になるまで!』と!!!

 

 

なぜこんな宣告を受けたかというと

 

 

次女がいつもかわいくて
よく抱っこするのですが
(重たいのでもちろん座りながら・・)

 

 

『ママいつまでほっちゃんのこと抱っこしていい?^^』

 

 

とあまり深い意味なく聞くと

 

 

『7歳になるまで』

 

 

とあとわずかな宣告を
受けることになったのです。涙!!

 

 

12歳の娘はもちろん
抱っこなんてさせてくれません。

 

 

小さな子供と
大きな子供のコミュニケーションの取り方は
変化して当然・・

 

 

抱っこできるのは
ほんとうにわずかな時間しかないんだということを

 

 

長女の成長を通して学び
次女に対しては

 

 

抱っこの時間
大事にしてきました。

 

 

次女ももうそろそろ・・・

 

 

自然と抱っこできる日が
少なくなっていくんだ

 

 

そう思うと
寂しい気持ちになりました。

 

 

子供の成長は本当に早い

 

 

小さい時って
あっという間に過ぎていきます。

 

 

二度と戻らないこの時期を
満たされるハグやコミュニケーションをして過ごすのか

 

 

それとも
イライラして子育てに振り回されて過ごすのか。

 

 

イライラ怒って過ごすのは
本当にもったいないことだなと

 

 

改めて感じたのです。

 

 

みなさんの毎日は
いかがですか?

 

 

子供が小さい時は
本当に大変なことたくさんあると思いますが

 

 

だからと言って
イライラすることが
当たり前ではなく

 

 

イライラを減らして
本当に期間が短い
小さな子供との時間を

 

 

大切にすること
できるのですよ!^^

 

 

私はもうすぐ次女を抱っこできなくなったとしても
それでも今後悔はありません^^

 

 

たっぷり抱っこしてきました^^
たっぷり大好きを伝えてきました^^

 

 

イライラするのは
子供が原因ではなく
生活の土台を整えることで

 

 

子供がたとえ泣いても
いうことを聞かなくても

 

 

イライラは確実に減らせ
子供を受け止める心や時間の余裕ができますよ^^

 

 

子供と一緒になって怒らない
そんな自分になれると

 

 

自分の毎日が確実に安定してきます^^

 

 

子供が早く大きくなるのを待つのではなく
子供が小さい今だからこそ

 

 

穏やかな毎日を送れるように
生活を整えていきましょうね^^

 

わたしがイライラしなくなった理由小冊子プレゼント