家事をしながら泣きそうになりました。

家事をしながら
泣きそうになりました。

 

昨日は夫が仕事で不在の日
長女は部活

 

次女と二人で過ごす日中。
お昼ごはんが終わり
食器の片付けや
キッチンの片付けをしていました。

 

開けていた窓から
気持ちいい風が入ってきて
優里さんの曲を聴きながら
食器を洗っていると
次女が懐中電灯片手に近づいてきました。

 

『ママ見てこわい〜〜??^^』
懐中電灯を顔の下から照らして
ホラー的な感じを再現しているようでしたが
怖いどころかむしろ可愛くてほっこり^^

 

夫は不在だったけれど
夫への感謝が湧いてきて
目の前にいる娘が可愛くて

 

鼻歌歌いながら
娘とも話しながら
キッチンの片付けが気持ちよく
心地よく。

 

幸せを感じて
涙が出そうになりました。

 

だけど昔はそうじゃなかった。
昔は夫が不在で子供を見ながら家事をする時
違う意味で泣きそうになっていました。

 

一人では辛くて
家事が終わらなくて
子供と二人きりの休日は

 

夫への感謝どころか
なんで私ばかりという
そんなイライラした気持ちや
家事と時間に追われている焦り

 

そんな中で
子供の相手をしなければいけない心の余裕のなさで
とても穏やかな休日とは言えませんでした。

 

今は
夫の仕事が休みになって
ずっと家にいて手伝ってくれるようになったから
感謝が湧いているのではなく

 

私が家事を簡単に楽に一人でできるようになっただけで
毎日はとんでもなく変わりました。

 

夫の仕事が休みかどうか
夫が手伝うかどうか
夫の帰りが早いかどうか

 

ここに振り回されることはなく
良い意味でいてもいなくても
家事に関しては問題なく

 

そして家にいなくても
感謝が湧いてくる。

 

日常生活で付いて回る家事に
悩むことがないということは
本当に大きなしあわせの循環を生むのだと
改めて感じた昨日の1日でした^^

 

溜め込んだ家事に追われたり
来週のための作り置きで時間が過ぎる
疲れて切った毎日は送りません。

 

特別なご褒美はいらない。
日常に溢れているたくさんのしあわせを
キャッチできていますか?^^

 

10月の個別相談会は間も無く募集開始します!
来年も慌ただしい生活を過ごしたくない方は
お待ちしていますね^^

次女が上手に飛べるようになった縄跳び披露してくれています^^