主婦は1日の時間をどう使うのか

こんにちは!
ママの生活改善専門家
油野智恵美です!

 

1日24時間
これはどんな人にも平等に
与えられた時間です。

 

時間は平等に与えられていても
その時間の使い方で
毎日の充実度や未来は
大きく変化していくと感じています。

 

私は長女が生まれてから
専業主婦だった頃
働いていないけれど

 

1日が家事と子育てだけで
あっという間に終わっていました。

 

24時間もあるのに
自分の時間を1時間も持てない。

 

朝起きて家事をしながら
子供のことを見ていると

 

すぐに朝ごはん
すぐに昼ごはん
すぐに夜ごはん

 

それぞれのごはん準備の合間に
子供を見たり
呼ばれたり抱っこしたり

 

日中は
公園や支援センターに行って

 

泣いているのをなだめながら
洗濯して掃除して

 

片付けして・・
夜には疲れて
子供と同時に寝落ちか
寝落ちした後に家事を再開するか

 

私は元々はそんな毎日を送っていたのです。

 

自分の時間がないことは
心の余裕のなさにもつながってきて

 


小さなことでもイライラしてしまいます。

 

常に焦っていて
手が震えることもよくありました!
(家事が嫌すぎてカウンセリングに行ったことも。)

 

時間にも心にも余裕がないと
自分にも子供や夫にも優しくできないのですよね。

 

当時読んでいた本に
『時間は平等に与えられていること』
『人生を豊かに生きる人は時間を大事にしていること』

 

を知り
私も時間について意識するようになりました。

 

子供がいるからできなくて仕方ない
そんな思考がどんどん変わっていったのです!

 

子供がいる中でも
どうしたら自分の時間ができるのか?

 

そんな事を考え
試行錯誤を繰り返していくことになりました。

 

その中で家事の改善は必須だったのですが

 

もう10年以上になりますが
今は働いていても
子供がいても
旦那さんの手伝いがなくても

 

時間がないことや
家事ができないことは

 

それらが原因ではない!
とわかります。

 

働いていなければ
子供に手がかからなければ
旦那さんが手伝ってくれたら

 

もっと家事が早く終わるのに!
もっと自分の時間ができるのに!

 

ということもあるかもしれませんが
ここが変えられないのであれば

 

その現状を一度受け止めて
改善できるところに目を向けていく!

 

ということがとても大事なのです!

 

変えられないものを変えようとしたり
変わらない現状に嘆くよりも

 

ずっと前向きで
変化が見えやすいですよ^^

 

私は今は
朝の家事は1時間でほぼ終えて
夜もお風呂や夕飯を食べる時間込みで
2時間前後で終わります。

 

家事をやらなくてもいい
フリーの時間がたくさんあることで

 

次女が小さい時にも
仕事と家事の両立ができるようになり

 

次女が大きくなった今は
より自由に過ごせるようになりました^^

 

子供がいても
仕事をしていても
誰でも必ずできますよ!

 

今までは色々なことが
色々な理由でできなかったかもしれませんが

 

過去がどうであれ
未来はいつからでも変更可能ですよ^^

 

もしも自分の時間が1時間でもできたら
その時間で何をしたいですか?^^

 

ぜひ考えてみてくださいね!