他人に感情を振り回されない方法

こんにちは!
ママの生活改善専門家
油野智恵美です。

 

あなたは
他人に自分の感情を振り回されていると
感じることはありますか?

 

会社で嫌なことがあった時
旦那さんにイラっとした時
子供がわがままを言う時

 

あなたはいつも
どうしていますか?

 

日々たくさんのママから
日常生活の相談を受けていいますが

 

多くの方がここを
自分で整え直すことが
とても苦手なんだなということを
感じています!

 

私も毎日生きていれば
悩みが出たり
家族に対してイラッとすることもあります。

 

ただ
そのいらっとは長続きしませんし
自分で自分を俯瞰して
またいつも通りの自分に戻ることができます。

 

問題に感じたことも
必ず解決できます。

 

自分以外の誰かによって
心が乱されることがあっても
切り替えがとても早いのです。

 

そんな私が
日々どんなことを意識しているのか
今日はご紹介しますね^^

 

ポイントは4つあります。

 

1自分が何にイラッとしたのかを受け止める

なにがあっても
イラッとしない自分を目指すのではありません。

 

自分がどんな時に
誰に対してイラッとしたのか
これをしっかり整理します。

 

頭の中でもいいですし
紙に書き出して整理してもいいです。

 

例えば最近のことで私なら
1ヶ月ほど前に東京へ日帰りで出掛けていた時
帰宅が22時をすぎていました。

 

帰ってきたら
食べた後の食器がそのまま
洗濯物も回していない
部屋が散らかっている状況に

 

一瞬イラッとしたのです。

 

こんなときは
自分の気持ちを自然と頭で整理していました。
(この時は紙には書き出さず)

 

・帰宅して家が散らかっているのが嫌だった
・食器が洗っていないのが嫌だった
・洗濯が回っていないのが嫌だった

 

こんな感じで。
自分が素直に嫌だなと感じたことを整理します。

 

これ自体を嫌だと思わなくなりたい
こんな状況でもイラッとしたくないとは
思わなくていいと思っています!

 

仏の領域には
私もまだまだいけません^^;

2相手の背景を考える・自分の反省点を考える

自分がイラッとした時って
自分の主張ばかりが強くなりがちです。

 

なんでやってくれないの?とか
やって欲しかった!

 

ということだけを
巡らせるのではなく

 

相手がどんな状況だったかな?
ということをイラっとがおさまって
少し冷静になったら考えます!
(ここで私は思ったことを
イラッとした感情で相手にぶつけないことも
気をつけています)

 

一度冷静になる練習をしてみましょう!

 

我が家のこの時の場合
食洗機の中に前のものが残っていました。

 

洗って欲しかった食器は
シンクには運ばれていて
予洗いもしてありました。

 

基本的に食器洗いは
いつも私がやることで
予洗いまでやってくれても

 

食洗機の食器を戻して
今から洗う食器を入れる
と言うところまでは夫は普段からやりません。

 

それを思うと
いつものところまでやってはくれていた!

 

と考えることもできます。

 

自分が相手に期待をしすぎていたことが
反省点だったな。

 

自分の基準と相手の基準が違うことを
私が忘れていたことがよくなかったな。

 

察して自分で考えてやって欲しい!
というのは
普段家事をしない旦那さんには
できなくても当然のことだったな!

 

自分が伝えていなかったのが
反省点だな!

 

そんなふうに相手の当時の状況と
自分の今回の反省点を考えます。

 

この時点でかなり状況を冷静にみているので
イラッとした感情はほぼ消えていきます^^

 

 

3自分がどうしたいかを考える・次回策を考える

自分が何にイラッとしたのかを理解し
相手の状況理解や
自分の反省点も考えた上で

 

自分がこれからどうしたいのかを考えます。

 

例えば
出掛けて帰宅した時は
・食器は洗って欲しい
・洗濯は回して干して欲しい
・部屋が片付いていて欲しい

 

いつもは私がやるからよしとして
1,2ヶ月に一度のこのタイミングでは
できるだけこの3点を乱したくない

 

と言うのが私の本心の希望です。

 

自分がどうしたいのかが
明確になったら

 

次回策を考えます。

 

もう終わってしまったこの当日は
気持ちを切り替えて出掛けさせてくれたことに感謝して
自分で家事をこなします^^

 

イライラしながら
家事をすることもなく
気持ちは完全に切り替わって

 

むしろ夫への感謝が湧いてくるのです。

 

家事に関しては私がやる割合が多くても
家事以外のことは夫の方が
むしろすごいことがたくさんあります。

 

相手の良いところに意識的に
目を向けるようにして

 

できないところは
お互い様の気持ちを持っていると
イライラし続けることも本当になくなります^^

 

ただ
今回の反省点は家を空ける時に
油断して何も家事のことを言わずにいたことだったので

 

しっかり伝える!
ということを対策としました^^

 

数日前ちょうど東京へ日帰りで
いくことがあったのですが

 

いく前に前回の自分の反省を踏まえて
・洗濯を回して干して欲しいこと
・食器を洗っておいて欲しいこと
・帰る前に片付けをして欲しいこと

 

この3点を伝えました^^

 

夫も長女も了解してくれて
帰りの電車の中でも
感謝を伝えた上で
娘や夫に家事のお願いを再度しています^^
(一度言っても忘れる可能性もあるので)

 

帰宅したら
家事は終わっている状態だったので
前回と同じイライラを繰り返すことなくすみました^^

 

ちなみに家を出る前は
残された家族が最低限の家事をしやすいように
食洗機の食器はからにして
次の食器が入れやすいようにし

 

干してある洗濯は畳んで片付けて
家族への負担がすくなくなるようにも
気をつけています^^

 

私はこんなふうにして
自分の感情を整理したり
相手への感謝を増やしたり
次回の策をしっかり見つけて
同じことでイライラしないように工夫していますよ^^

 

4我慢はしなくていい

私はいつも自分が変わると言うことを
大事にしていますが
これは自分さえ我慢して自分が家事やれば
いいんでしょ!

 

と言うことではありません!

 

ママたちの話を聞いていると
極端に二択になっている方が
とても多いように感じます!

 

①自分が我慢している
②対策考えずに急に爆発

 

これはすごく勿体無いことだと思っています。

 

イライラすることがあるたびに
これを少しでも自分で解決していく練習はできます!

 

解決までいけなくてもいいから
(すぐに人は変われません)

 

イラッとしたことがあったら
一度書き出してみようかなとか
相手はどんな状況だったかなとか
自分はどうしたいのかな?(こことても重要)

 

こんなふうに考える練習をしていくと
いつも同じことでイライラすることや
自分だけが我慢すればいいということでもなく

 

冷静に自分の状況を俯瞰して
感情をフラットに戻すことができたり
ちゃんと解決策を見つけることができるようになりますよ^^

 

自分で自分の毎日をコントロールできるように
ぜひ練習してみてくださいね^^

 

イラッとした感情のまま
人に感情をぶつけないこと
ただ愚痴だけを人に聞いてもらおうとすること

 

これは解決できないだけではなく
循環も悪くし
聞いている相手も疲れさせます^^

 

イラッとしない自分になることを
急に目指すのではなく
何にイラッとしたのか
自分はどうしたいのか?

 

これを考えていこうとするだけで
これからの毎日は大きく変化していきますよ^^

 

すぐに変われないことを理解した上で
これから変わっていくためにできることを
やってみてくださいね^^!!

 

 

生徒様の声(ブログの中にまだまだありますのでご覧くださいね〜〜^^)
『期待以上に得られるものが多い講座でした!』
https://donabe5han.com/?p=5289

 

『仕事と家事の両立が楽しみになりました!』
https://donabe5han.com/?p=5295

 

『料理の苦手意識がなくなりました!』
https://donabe5han.com/?p=4745

 

『子供がいても死にたいって思っていました』
https://donabe5han.com/?p=4806

 

『感動!どうしたら家事ができるようになるのか?』
https://donabe5han.com/?p=3781

 

『罪悪感を持つ専業主婦ママの感動の変化』
https://donabe5han.com/?p=3770

 

生徒様の声ご紹介

仕事復帰前に智恵美さんの講座を受けてて
よかったと思えました♡
(30代 仕事復帰前のママ)

 

『改めて第二のお母さんのような存在として、
なんでも相談していいよと言ってくださる姿勢が
私の支えになっていることに気づいて改めて
感謝の気持ちでいっぱいです!』
(20代 新婚の生徒様)

 

『ちえみさんのところにいれば
絶対大丈夫🙆‍♀️ってわかります!
私はこの講座を受けて
『本物に出会えた』って感じました。
(30代 子供4人の生徒様)

 

『ちえみさんの講座を受ける時は
正直たらいもありましたが
思い切って受けて見て本当に良かったし
こんなに充実した内容だということに
驚きと喜びです!

(30代 講座申し込み後にやっぱり受講をやめようかと迷われた生徒様)

 

『智恵美さんの熱い想いに、いつも背中を押されます!
これまでの努力と試行錯誤の実体験があるから
智恵美さんにはこんなにも人の気持ちを動かすパワーがあるのやなぁと!
いつもありがとうございます^^』
(30代 育児休暇中の3人のママ)

 

『智恵美さん…
言葉が出てこないのですが笑
この情報だけでも有料級だと思います😂🙏❗️』
(30代 美容起業家ママさん)

 

最初に講座に興味を持ったのは
【時短料理】でした!
でも実際に講座を受けていく中で
【暮らしを整える】ことが
どれだけ大事かがわかってきました。
ちえみさんの元で学び実践していることは
その後のお仕事や生き方にも
結び付くと感じています!』
(40代 司法書士と個人事業主の2足のわらじ1児のママ)